ステマの意味とは?現在の日本における法規制や事例


ステマとは?

口コミは大切だが、ステマも混じっていることを知ろう

「ステマ」がよくメディアを騒がせています。ステマとはどのような意味なのでしょうか。日本の法規制、具体的な事例と共に、ステマを見抜く方法についても解説します。
 

ステマは景品表示法違反行為

ステマとは、ステルスマーケティングの略です。宣伝だと気付かれないように消費者に対して宣伝することを指します。日

2018年夏ボーナス平均支給額ランキング


ボーナス支給、高額支給会社は? 業種別でも大きな差?

気になる、2018年夏ボーナス事情。日本経済新聞社の調べによると、2018年夏ボーナスは前年比増とのこと

2018年の夏のボーナス事情が気になるところです。日経新聞社が実施している賃金動向調査の中で、2018年夏のボーナス調査(5月8日時点、中間集計)の結果が発表されました。この調査結果から、2018年夏のボーナス事情をみて

「インスタ映え」料理に潜む食中毒リスクと予防法


湿度の高い梅雨シーズンは細菌による食中毒リスクが増加

特に湿度・温度が高い時期は、手や調理器具、食品の洗浄や殺菌などに気を配りましょう。

食中毒を引き起こす原因には、「細菌」と「ウイルス」、「自然毒」「化学物質」などがあります。このなかでも細菌の多くは水分を好むので、湿度が高いジメジメした梅雨時から夏の間は、細菌による食中毒が起こりやすくなります。

夏バテ予防のためにも、

たんこぶちん、DROP DOLL…2018年注目ガールズバンド


2018年注目のガールズロックバンドは?

2018年のガールズロックシーンの注目株をまとめました。キーワードは「同級生」。偶然か必然か、同級生により結成したバンドがメジャー/インディーズを問わずシーンを賑わせています。

早速紹介していきましょう。

 

たんこぶちん

たんこぶちんは MADOKA(Vocal & Guitar)、YURI(Guitar)、NODOKA(B

ユニクロ×トーマスマイヤーコラボの自腹買いシャツ


初のリゾートコレクション ユニクロ×トーマスマイヤーコラボ

3通りに着こなせるソフトコットンギャザーブラウスは買い

5月18日に発売されたユニクロとトーマスマイヤーのコラボライン(参照:トーマスマイヤーアンドユニクロのおすすめアイテム)。ユニクロ初のリゾートウェアコレクションということで、楽しみにしていた方も多いのではないでしょうか? そして実物をチェックしてみると、期待通りの

パティスリー「ラ・リヴィエ・ドゥ・サーブル」OPEN


つくばエクスプレス「みどりの駅」エリアに世界大会で活躍した植崎シェフのパティスリーがオープン!

「ラ・リヴィエ・ドゥ・サーブル」のショーケースに並ぶ多彩なケーキ

2018年5月3日、茨城県つくば市みどりの東に、「La Rivière de Sable(ラ・リヴィエ・ドゥ・サーブル)」がオープンしました。常磐自動車道の谷田部インターより車で約5分。電車ならば、つくばエクスプレ

あの人気フレーバーが今年も!ハーゲンダッツ「香る珈琲バニラ」発売


コーヒーの香りと苦みにこだわったコーヒーソルベ×バニラアイス

ハーゲンダッツは、5月22日(火)より、ミニカップ「香る珈琲バニラ」を今年も期間限定にて全国で発売。こちらは、3年間発売をしていたミニカップ 「珈琲バニラ」を昨年リニューアルし、大好評を博したものだとか。 

爽やかな後味のコーヒーソルベと濃厚でコクのある滑らかなバニラアイスクリームを合わせ、コーヒーの香りと苦味が

ポリアモリーという生き方―好きな人が複数いる夫婦


好きな人が1人じゃない「ポリアモリー(複数愛)」って?

夫婦でありながら、相手の恋愛を許し合う夫婦のカタチも。

『わたし、恋人が2人います。―ポリアモリー(複数愛)という生き方―』(WAVE出版)という本が出版された。著者は30代前半のきのコさん。大学時代に自分が恋愛において、相手をひとりと決めるのではなく、複数を好きになってしまうポリアモリーだと自覚したという。

ポリア

1カ月の消費支出は平均28万3000円。みんなの家計は?


4年連続で実質的に消費額が減少

ベースアップ、ボーナス増額のニュースがある一方、社会保障関連費の負担増など、なかなか景気回復の実感をもつことができません。じわじわとモノの値段が上がりはじめ、一般世帯の家計収支は厳しい状況が続いていると言えるでしょう。

総務省「家計調査(貯蓄・負債編)2017年」(二人以上の世帯)のデータでは、1カ月の消費支出は28万3027円で、前年から実額では微増で

免許返納すると特典も!高齢ドライバー対策の最前線


免許の自主返納と引き換えに特典が得られる

<高齢の親に免許返納させた3つの作戦>の記事では、「高齢だから認知機能が落ちているから」と説得するのではなく、「費用対効果」を説明したことが功を奏した事例を紹介しました。

さらに、「自治体によっては自主返納をすることでタクシーやバスの割引券配布などの優遇措置がある」ことにも触れました。

バスの観光料金も割引に